活動方針

総論 (支部長 立道 浩幸)

 新型コロナウイルス感染に伴う深刻な影響が国内外に広がり、企業も地域も困難な状況に直面しています。収束の糸口が見つからない状況ではありますが、企業・社員・地域を守るためにも、経営者として未来への推進力が求められます。この難局を乗り越えるためには、何かのせいにしていてはなりません。経営者自身が感じ取り、創造し、決断する。ピンチをチャンスとし、経営者に要求される総合的な能力を養うべく、同友会御殿場支部の活動を続けていきたいと思います。
 従来の活動内容や開催方法にとらわれず、できることを、可能なやり方で、こんな時こそ何ができるか。転換期でもあり、新しいことへのチャレンジの時かもしれません。
 会員の皆様の英知を結集して、今後の同友会御殿場支部のあり方も模索しながらの一年になろうかと思いますが、会社と社員を守り、助け合い、同友会精神で乗り越えましょう!

御殿場支部 2021年度の活動方針は、次の3項目を重点課題とします。

  • 1. 企業づくり
    環境・社会の変化をチャンスと捉え、自社の未来・持続的成長のための課題や目標を模索し、足元を見つめなおし、目指すべき会社の姿を見据え、逆境に負けない強靭な経営基盤をつくり上げよう。
  • 2. 地域づくり
    中小企業の声を地域に届け、地域づくりの一端を担うべく中小企業振興基本条例をいかに活用できるのか。行政・関係機関・他団体等との連携を深め、地域は中小企業に何を求めているのか、ともに学びあい、協力し合い、よりよい経営環境を整え、地域を輝かせよう。
  • 3. 同友会づくり
    互いに語り合い、励ましあえる会活動を心がけ、企業・社員・地域を守る新しい本気の仲間を増やすことで、会を増強し、地域へ還元しよう。
    また、組織・運営の在り方も再構築し、より良い同友会御殿場支部の姿を全員で創りましょう。

▲ページトップ